フリーランスにとって、いかに仕事の案件を獲得できるかが重要です。確実に仕事が得られる立場に立つためには、業界で著名人として名が知られるまでになることが重要です。
そうすれば、フリーの立場でも確固たる地位を業界で築くことができます。
しかし、多くのエンジニアが競い合っている業界においては、名を売ることには大きなハードルがあります。
人に秀でて強い印象を与えるためには、地道な活動を必要とします。
仕事を大切にし、まずは実績を積み重ねていく事も重要です。しかしそれだけでは、他のエンジニアの中に埋もれてしまいがちです。

大きなビジネスにつながるような仕事のチャンスを得ることが、名声を高めるきっかけになります。
業界にとって大きな転機になるような仕事が存在していて、その仕事にかかわることができれば、フリーランスとしての名声は飛躍的に高まります。
その結果として、仕事の募集で採用される確立が高くなるだけでなく、相手側からの募集の問い合わせもまた多くなります。
名声が得られるほどの仕事にめぐり合うことが出来る人は、ごく限られてはいます。

しかし、業界の変化を読み取って、次にどのようなチャンスがあるのかをよく観察してみれば、著名人になれるような仕事が見つけられる可能性があります。同じフリーの立場で働くとしても、限られたチャンスを積極的に狙っているかどうかで、仕事の募集を得られる安定性には大きな違いが生じます。
今で言えば、そのチャンスとはまさにjavaを扱う現場での案件で、常に情報に敏感であることが安定したフリーランス生活に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です