一人ではできないフリーランス

フリーランスをする上で留意しておかなければならないこととして、基本的には事業を一人で行っていかなければならなくなるということがあります。
人件費がかからないというメリットがあることから、収入が小さい事業でも生活をしていくことが可能になるものの、組織運営していれば分散されているはずの仕事を一手に担わなければならないという面があるのです。

実際の仕事そのものは一人で行うにしても、ネットワークが大事となっている現代社会においては、一人ではビジネスを行っていくことができないということも念頭におかなければなりません。
必要に応じて他の企業や個人を頼ることも必要であり、それによってビジネスを効率化することができたり、そもそもその実現を行うことが可能になったりすることがあるからです。

その対価として費用がかかったり、物品やサービスの提供が必要になったりしますが、そういったギブアンドテイクの関係を築いていくことによって、個人でも利益をあげられるビジネスに成長させていくことができるでしょう。

また、フリーランスをしていても求人募集をしてはならないということはなく、必要に応じて従業員を雇うことも可能です。
しかし、それにかかる費用の観点からはまずは家族や知人に視野をおくことが大切となるでしょう。
一般的な公募を行うとそれなりの費用がかかりますが、知っている伝手から募集することができれば費用はかからないからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です